無垢の城
イメージ画像
クリアスペース
新着情報、各種イベントのご案内はこちら↓
クリアスペース
クリアスペース
クリアスペース
クリアスペース
一覧を見る
クリアスペース
クリアスペース
クリアスペース
クリアスペース
一覧を見る
  • スタッフ紹介
  • 熱闘工務店
資料請求・お問合わせ
大貫建築からのお約束
当社は営業マンはおりません。
資料請求・お問合せを頂いてもアポなし訪問や電話などの迷惑セールスは一切致しません。
安心してお問合せ下さい。

各種資料のご案内
これから家づくりを始められる方に!
まずはこちらから
▼会社案内 会社案内
Maman -Sendai-

無垢の城のスマートハウス
大貫建築の動画チャンネル

スーパーストロング構造体


一般社団法人 日本公正技術者協会

CIESF
皆様こんにちは
はじめまして大貫建築(株)代表取締役の大貫潤平です。どうぞよろしくお願い致します。
数あるハウスメーカー、工務店のホームページの中から弊社のホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。
昨今、どこのハウスメーカーや工務店でも「安心・安全」をうたいますが、抽象的なものが多いような気がします。私は、分かりやすく具体的にお話します。工事現場で出る端材で焚き火をし、鼻を突く煙を出す新建材で焼き芋を作っても、私は口にしたくありません。自分が嫌なものは、もちろんあなたにも絶対にすすめません。「作りやすく売りやすい家をつくる」=新建材+合板フロアー+ビニールクロス。「健やかな暮らしを育む住まいづくり」=自然素材+無垢材+ひのきの家+施主参加型。これらの図式は私が感じるところであり、もちろん異論もあるでしょうし、どちらが良い・悪いと簡単に決められることでもないのでしょう。しかし、私は唯一の日本の資源、国産の木材・無垢材で、手の届く予算での家づくりを提案したいんです。

自然素材「無垢」への想い

無垢材は「伐採された後でも生きている」といわれるように動き・伸縮・そりと変化し、長年にわたり良好な住環境を保ちます。できれば誰もが自然素材の家で、安心で穏やかに暮らしていただきたい。
確かにデメリットともとれる部分もあります。しかし、一本一本、一面一面にそれぞれの顔があります。現代の住宅の中で、弱い材料とならぬよう、むしろ住むほどに馴染んでくる良い材料となるよう、作り手として最大限に材料の特長を生かし、味のある素材として、次世代に残していければ…そう思っています。
私たちは、体に悪いものやアレルギー、喘息になるような素材は使いません。

無垢材の家は生きている

森から切り出され、建材とされた後も無垢材は生きています。無垢の柱が吸放湿する水分は、ビール瓶で6本分とも言われ、床に使えば自然な湿度のコントロール機能を果たしてくれます。「あめ色」に変化する趣は、化学建材の劣化とは比べようも無い「味わい」を醸し出し 自然素材との人間の相性は言うまでも無く、シックハウスやアレルギーとは無縁の住空間です。今までは「手の届かない」と思っていた無垢材や自然素材の注文住宅。その常識を打ち破った家。
それでもまだ、接着剤と防腐剤で加工した化学建材や塩化ビニールのクロスで家づくりをされますか?
食べ物には気を配るあなた、建物の素材はどうしますか・・・?

そもそも無垢材とは何?

無垢材とは木そのものです。住宅用では主に床材として使われることが多い材料です。木そのものですから、木本来が持っている固さ・やわらかさが自然で人間の感覚にも優しい感触が持ち味です。目に見えない木肌の無数の孔が呼吸するかのように湿度を調整するので、夏にベトつく嫌な感じがないのも特長です。また、保温力があるので冬場に部屋の空気が暖まると床も暖まりヒャッとしません。表面に人工的な加工をしていませんから、すぐに艶がなくなり頻繁にワックスをかけるといった必要もありません。化学薬品を使っていないドライモップや掃除機で日頃のお掃除は十分です。
時の経過と共に「本物は味わい」に、「加工品は劣化」するとすれば・・・
あなたはどちらを選択されるでしょうか?
数ある住宅会社のホームページの中で「あなた」と出会えた幸運・・・
もう少し大貫建築という工務店のことを知ってみませんか!
家づくりはまず資料請求から!
クリアスペース